英語生活を楽しもう

kids-learning

英語生活の基本は、「英語で学ぶ」

「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」という観点で、ニュース記事やSNSなどに触れると、上達速度が倍増します。毎日チェックしているTwitterも、海外記事や好きなアーティストの投稿を、英語で見る様に切り替えていきましょう。もちろん、YouTube動画も、必ず英語で見ます。

例えば、2019年の年末から広がり始めたコロナウィルスですが、実際に感染したらどうなるのかきになりますよね? それを「英語で調べる」のが、英語学習者の醍醐味です。下記の動画は、アニメなので、英語が聞き取れなくても、ある程度内容がつかめるので、無理なく英語耳を育てる事ができますよ!!

英語のニュースを読もう

英語でニュース、というと難しそうな感じがしますが、Japan Times や BBC などで、時事問題をなんとなく眺めているだけでも、いつの間にかニュース英語が身につきますよ!

英検2級ぐらいの実力があれば、The Japan Timesの記事は初見で60%くらいは理解でき、慣れてくると70%くらいは辞書なしでも楽しめるようになってきます。

メリハリ勉強のススメ

「休みは何をした?」と聞くと、「1日中勉強してた」とか「塾に行って、家でも勉強」という生徒さんを見かけます。集中力が1日中続く人もいるかもしれませんが、「だらだらと2時間」やるよりは、「最短距離で目的を達成する1時間」の方が、効果的で達成感があり、意外と疲れません。

「今からこの1時間で、単語50個を全て暗記して、誰に聞かれても答えられるようにする」など、勉強開始前に、「何を、どのレベルまで、何のためにやるのか」をはっきり名言しましょう。そして、それを達成した暁には、「自分にごほうび」も用意するといいですよ!!私の場合は、たいていチョコレートか、読みたかった本です(笑)

人生は、死ぬまで勉強です。 受験生の間に、最短距離で目標達成勉強法をしっかり身に付け、一生勉強を楽しみましょう!!

オンライン教材をルーティン化

オンライン教材は、「自分との戦い」になりがちで、たいていの人は、「時間がなかった」「忙しかった」と言って、後回しにしがちです。なので、まず最初にやることは、「オンライン教材をルーティンに組み込んで習慣化する」ことです。。。。とはいえ、それがなかなか難しく、生徒さんにも日頃から口を酸っぱくして英語学習を「ルーティン」に組み込むようにお願いしているのですが、よっぽどの意思がないと、なかなかうまくいきません。

  1. ベタですが、時間を決めてやる…「21:00-21:30」の様に、終了時刻もしっかり設定して、だらだら学習を回避しましょう。また、「21:00-21:30は英語」というメモをあちこちに貼って、家族の協力を得るのも効果的です
  2. これもベタですが、タイミングを決めてやる…「風呂の前」とか「風呂中」とか、「朝食前」、など、日常生活の一部に組み込んで習慣化するまで続けましょう。外から帰ったら無意識で手を洗うように、無意識で英語学習に取り組んでいる状態が理想的です
  3. 仲間を作って競う…やはり一人ではどうしても。。。という人は、同じ英検級や大学・仕事を目指す仲間と、互いに「今日の英語学習進捗状況報告をしあう」というのも良いでしょう
  4. いっそ、Twitterで、毎日の学習成果を発表する…これは、英語上級者の方が多いですが、毎日、どのテキストを何ページやったかを公表していらっしゃる方をよく見かけます。これはひとえに、「習慣化」の工夫ですね。やはり上級者の方は、上達方法を心得ていらっしゃる!

おすすめ記事